【 成り立ち 】 

 
「いこいの家」は、い「いこいの家」は、いつでも誰でも気軽に立ち寄れる場所として、 平成21年10月に開設しました。
 主な目的は、高齢者の孤独化防止に向けての見守りと支え合いの拠点です。
 でも、何より訪れる方々が、地域の中の自分の居場所として、楽しい時間を過ごすことで、自然とつながりができることを大切にしています。

【普段の様子】

 友達同士で、一人でと、利用の仕方はまちまちです。ボランティアスタッフがさりげなく様子を見ながら、一緒におしゃべりに加わったりしています。
 高齢者に限らず、赤ちゃん連れの親子や作業所帰りの障がい者など、立ち寄る人は様々です。近所の小学生が下校時に、中の様子を気にしながら前を通っていくこともあります。

 四季折々のイベントを行ない、利用者の声を聴きながら親しまれる居場所に努めています。おしゃべりをしながら自然体で相談に乗り、内容によっては民生委員や地域ケアプラザ、区社会福祉協議会、区役所など専門機関に繋いでいます
。 


【これから…】

 
より多くの方の居場所となるために、スタッフ全員で知恵を絞っています。「もっと広報して、知ってもらうこと」「魅力的なプログラムづくり」「入りやすい雰囲気づくり」などなど…。    
 これから一つ一つ実現していきます.  
ふれあいのつどい「端午の節句」で
 
居場所「いこいの家」のふれあいの集い
  ふれあいのつどい「端午の節句」で