トップ |ボランティア関係 |イベント・講座 |高齢者支援 |障がい者支援子育て仲間 |地域の活動 |災ボラ連絡会 ボラネット |

第28回 「泉区社会福祉大会」開催
社会福祉功労者表彰で感謝と更なる協力を
第1部 は 式典

 泉区社協の西ヶ谷会長挨拶  
 泉区社協の西ヶ谷会長挨拶  
 第28回 『泉区社会福祉大会』 が2月27日(金)、泉公会堂で盛大に催された。 第1部では永年にわたり地域で福祉活動に尽力、貢献された方々への表彰式典と来賓挨拶が、第2部では泉区内の福祉関係団体の活動発表として、①アルテミスがハンドベル演奏を、②特定非営利活動法人ぶどうに樹が利用者のみなさんによる歌の発表を、③〝Safety Kids いずみ”が子どもの事故予防推進活動について、④富士見ヶ丘地区社会福祉協議会の福祉課題解決のための地区社協の役割について、い粉われた。

 表彰式典では、社会福祉功労者顕彰と共同募金協力者顕彰が行われた。ボランティア活動功労として個人11名と6団体が、福祉団体自主活動功労者して個人29名、金品寄贈功労として5団体、賛助会費協力自治会町内会として62団体が、共同募金協力者として個人2名と9団体が表彰された。それぞれの表彰内容ごとに代表者が壇上で、泉区長、泉区社会福祉協議会長、共同募金会泉区支会長から表彰状、感謝状、記念品が授与された。(顕彰者名簿はこちら
福祉団体自主活動功労として授賞される丹羽猛氏  
福祉団体自主活動功労として授賞される丹羽猛氏  
泉区社会福祉大会の会場  
泉区社会福祉大会の会場  

 表彰に先立ち、主催者として泉区社会福祉協議会の西ケ谷保秀会長、共同募金会泉区支会の新井永郎支会長、泉区の下村直区長から、それぞれ主催者挨拶が行われた。西ケ谷会長は「この大会は、区民の皆さまとともに福祉に対する認識を新たにし、誰もが安心して、自分らしく暮らすことのできる地域社会の実現を目指し、開催するもので、今回で28回目を迎えた。誰もが安心できるまちづくりに向け支援のほか、高齢者、障がい者など各種権利擁護事業の発展や大災害に備えての災害ボランティア連絡会を中心とした活動も展開しております。介護の厳しさ、担い手の不足など厳しい環境にありますが、自助・共助・公助、特に共助の部分でお互いに助け合い、地域のつながりを作ってより良い泉区にしていきましょう。」と語っていた。」

 表彰後には来賓として、泉区連合自治会・町内会会長会の望月榮会長、横浜市社会福祉協議会の芳賀宏江常務理事、区選出議員団代表から、それぞれお祝いと激励の挨拶があった。

 公会堂正面入り口入って右側にが、前日まで泉区民ホールで展示されていた各地域の活動状況のパネル展示が行われ、休憩時間には来場者が見学しながら歓談を行っていた。

 この大会は、(社福)泉区社会福祉協議会、(社福)神奈川県共同募金会泉区支会、泉区役所の共催、日本赤十字社泉区地区委員会の後援、泉区ボランティアネットワークの協力で行われた。
各地域の活動紹介パネルを見る来館者たち 各地域の活動紹介パネルを見る来館者たち
 各地域の活動紹介パネルを見る来館者たち