災ボラ連絡会 パソネット泉 |ボラネット | 

ガールスカウト・神奈川県第100団
由緒ある公園で  蕾も覗いて  なんだろう? 楽しそう・・・
  ガールスカウトと遊ぼう!

この桜は、まだつぼみ  
この桜は、まだつぼみ  
  この地で活躍された先人の碑が五つも建っています。写真の大きな桜の木は老朽化して、近いうちに切り倒されるそうです。今年が最後の満開でしょうか? 3月22日(日)、中和田公園。泉区の中央にあり、好天の日曜日ですが、ほとんど人出が ありません。

   そんな静かな中に、可愛い帽子と制服を着た小学生・中学生・高校生のガールスカウトのメンバーが、スタッフ(大人の女性)と一緒に集っています。神奈川県第100団(泉区)の皆さんです。
  みんなでダンゴムシ?
   みんなでダンゴムシ?

   普段できないようなことの体験。これがメンバーになった子供たちの声です。特別に変わったことをしていません。今日も、自己紹介・歌やゲーム・モノづくり・簡単なお菓子作り・・です。

 「自然に触れて、何かを感じる。何かに気が付く。匂いから・・・など、五感を大切に」。就学前1年・小1〜3年・小4〜6年・中1〜3年・高校生〜。それぞれが活動目標を持ち、人と自然との交わりからマナーや思いやりを身に付ける。それは学校や家庭にはないものかもしれません。今日始めて参加のお母さん「チラシを見て、連れてきました」。

   今日が最後という中3生。「高校生になるので・・。テントの組み立てや小さい子とのふれあいが楽しかった。時間があれば、また来てみます」とちょっと寂しそう。
    串に刺したマシュマロをランプの火で炙り、クッキーにはさんで食べました。「野外料理は得意」というだけに、みんな額を突き合わせて懸命です。「なにかしら?」と、公園内の母子連れが覗きに来ました。スタッフの説明に頷き、一緒に参加しました。

    ボーイスカウトに比べ、組織は小さいですが、地道な活動が(日本では2020年に)100年を迎えます。
  こんどは施設を訪問しての活動ぶりを見せていただきましょう!(M/I)                                                
 
おやつは、炙(あぶ)って   新しいお友だちも加わって
 おやつは、炙(あぶ)って    新しいお友だちも加わって