パソネット泉 |地域の活動 |ボラネット |災ボラ連絡会新橋地域ケアプラザ

2015年冬季 ジュニアフレンド   新橋地域ケアプラザ
餅つきで忘年会!
餅つきが始まっています。  
餅つきが始まっています。  
  大募集!「ジュニアフレンド」 友達のWA! 障がいのある子ども達と一緒に楽しく遊ぼう!、の呼びかけで集まった小学生中心の子どもたちとフレンドとしてのボランティアは高校生たち、いや高齢者のフレンドもいました。年末も押し詰まった12月27日(日)、今年は初めて新橋地域ケアプラザで行われた。私が訪れたときには、お餅つきが玄関前の広場で始まっていた。

 「ジュニアフレンド」友達のWA!は、夏(7、8月)・冬(12月)・春(3月)の年3回、開かれている。今回は「餅つきで忘年会♪」☆餅つき・豚汁・写真たてづくり☆と募集のチラシに書いてある。
  小さい子も一生懸命に 
   小さい子も一生懸命に

 しばらく、餅つきを見ていると、返し手は当ケアプラザの所長が、一人で仕切っていた。子どもたちは杵を持ち、スタッフに補助されたりしながら餅を搗く。どの子も、初めての体験とのことだ。うまく体重をかけられない、腰が入らない。合いの手が入る。だんだんと上手になる、と拍手。子どもたちは、順番に搗いているが、何べんも登場する子も。返し手が餅全体を持ち上げ、粒がなくなり、滑らかになった頃合いを見て、出来上がり、とそこに手を出し、つまみ食いする子どもも。

 豚汁は当センターの料理室で、ということで、行ってみる。豚汁の野菜は既に仕上げられ、いくつかのテーブルに搗きたての餅が運び込まれ、餡子、黄粉で味付けが始まっている。各テーブルには、それぞれスタッフが付きっ切りで世話をしていた。当ケアプラザだけでなく、泉区内の各ケアプラザからもスタッフに駆け付けているとのこと。

 餅つき場とこの部屋しか見ていないが、どの子も一生懸命。カラオケ、お昼ご飯の時間までいることができなかったが、きっと、自分たちが作った餅の昼ごはんを、きっとおいしくいただいたことだろう。来年も元気に、いろいろな経験をしよう。
今日のスケジュール   餅に味付け
今日のスケジュール     餅に味付け