トップ |ボランティア関係 |イベント・講座 |高齢者支援 |障がい者支援子育て仲間 |地域の活動 |災ボラ連絡会 ボラネット

バックヤードツアー

泉図書館 面白い!

普段は入れない裏側へ


 
 残暑とオリンピックで、やや疲れ気味の毎日。おまけに時々の強い雨。 そんな僕たちに素敵な残暑お見舞いです。     8月19日(金)、小学生16名、欠席はありません。付き添いのお母さんもチラホラ。普段は入れない図書館の裏側をお見せしましょう・・って、怪談みたい?
   

 始めに図書館全体のお話がありました。泉図書館は開館27年。横浜市で18ある図書館のうち、13番目に出来たそうです。125,600冊もあるそうです。1日平均1,200冊の貸し出し。利用者は平均770人。多い日は1,000人。
 今日はどうか な?延べ面積は東京ドームの1/30。図書館の仕事は館長以下で8つの仕事を分担しています。

 一番人気の大きな書庫  
 一番人気の大きな書庫  
事務所も大変だ!  
 事務所も大変だ!  

 みんな、ふーん・・というような顔をしています。2グループに分かれて1階から2階へ、2階から1階へぞろぞろ。コーナーごとに、女性司書さんが優しく分かりやすく説明してくれます。「館内では、おしゃべりをしない」といわれていましたので、みんな静かに聞き入ります。でも大きな書庫を動かすハンドル装置には、さすがにびっくり!みんなゆっくり回してみました。

 返却ポストの裏側、視覚障がい者との対面朗読室、大きな文字の本、調査勉強する机、郷土資料、外国語の本(泉図書館にはベトナム語の本が多いそ うです)。普段気にしていない場所に、興味がありそうです。その他消火ポンプ室や大きな機械室も初めてでした。

   非常階段も覚えてね
   非常階段も覚えてね

 面白かったところは? 「やっぱり書庫の大きなハンドル」「非常階段も知らなかった」。普段利用は?「予約もしている」 どんな本?「お寿司の本」 えっ? この姉弟ふたり、お寿司のペンダント、小さい鞄をお揃いで持っています。 「瀬谷の図書館も行ったことがある」 。幼児の頃から読み聞かせなどに参加しているようで、みんな図書館が大好きなようです。

 そうだ、図書館の利用で一番いいこと知っていますか? 「レファレンス」・・・調べ物のお手伝いをしてくれますよ!夏休みの宿題 で困っていることないかな? 今からでも相談してみたらいいね!

 記念のシールと小冊子をプレゼントされ、ニコニコでした。 (M/I)