ボランティアネットワークパソネット泉 | 災害ボランティア連絡会 

泉図書館で  子ども読書の日記念
泉図書館 で キャンプ!
テントの中のおはなし会
 
   キャンプ気分です。
  キャンプ気分です
  いつものおはなし会とちょっと違った雰囲気です。4月20日(水) 午後3時半。 泉図書館中庭(ご存知ですか?)にキャンプ用のテントが出現しました。 それもかなり大きめのものです。「自宅にあるもので、たまに家族などで 郊外で食事したり・・」(八木司書)。少し風がありましたが、それが キャンプの雰囲気を感じさせます。

   この中庭、藤棚の花の紫が周りの木々にマッチしています。手入れされた日本庭園という感じ。「一週間位前から芝の手入れをしましたよ」(畑澤館長)。2階から覗くといい眺めです。「ここでビール飲んだら美味いでしょうね」「たまに夜間に入り込んだ跡があります」  いけませんね。

  親子で23人。3歳から小学4年生、幼児もいますよ。YCBも取材です。ランタン(角灯)をテント内に持ち込み、子どもたちの瞳がキラキラです。
富士の花もきれいに   
 藤の花もきれいに  

 おはなし会の始まり。齋藤・八木司書が交代で話します。「世界で一番きれいな声」「くさはらどん」「このあし だあれ」など。とくにこのあし・・は、動物の足の裏を見せて「何かな?」。みんな思い思いの名前を言います。次はブックトーク。キャンプに関する本の紹介。子どももリラックスになります。

  参加したお母さん。「テントに入る喜び」「キャンプで子どもが本を読むということは、あまりないけど、読んでもらえるという楽しさに喜んでいました」。テレビのインタビューに元気な男の子も緊張です。「参加してどうだった?」(もじもじして)「楽しかった」「どんな本が好き?」「これ!」といって指さします。お母さんも落ち着きません。

  ちよっと趣向を凝らした企画。子どもには良い体験になりましたね。いや、お母さんにも楽しい息抜きの時間でした。(M/I)
ランタンでテントらしく   この本、読みたいよ
 ランタンでテントらしく  この本、読みたいよ