トップ |イベント・講座 |高齢者支援 |障がい者支援子育て仲間 |地域の活動 |災ボラ連絡会泉区ボランティアネットワークト

第25回 ふれあい ‟ザ”いずみ軽スポーツ大会
障がいのある人・ない人の、ふれあい、分かち合い助け合い
中・高・大学生の応援も

まず、準備体操から   
 まず、みんなで体操から  
玉入れ   
玉入れ   
デカパン競争    
デカパン競争   
 今年も最高の猛暑となった5月21日(土)、「第25回 ふれあい “ザ” いずみ軽スポーツ大会」が泉区30周年記念事業として和泉遊水地で開催された。これは区内の障がい児者と中・高・大学生をはじめ区民の人たちが軽スポーツを通して、ふれあう心を広めるとともに、助け合いの心を育む大会。

 今回も会場には泉区内の障がい者団体・施設の24団体、区内の中学生、高校生、大学生など、およそ1,400人の参加者が集まったそうだ。

 雲一つない青空の下、真夏日の中、開会式が始まった。下村泉区長、日並連合自治会会長等の来賓挨拶と大貫泉区社会福祉協議会会長の開会挨拶でスタートとなった。

 「みんなで体操」から始まって、玉入れ、わくわくマラソン、デカパン競走、パン食い競走と続いて昼食休憩。昼食後は、50メートル走、100メートル走、ダンスと次々と続けられ、それぞれの競技には、大勢の参加者が列をなして順番待ち。
 どの競技も、障がい者に中学生、高校生がそれぞれ付き添い、競技によっては、対となって行っていた。皆積極的に参加、真夏空の中、それぞれ精一杯に頑張っていた。

 この大会は泉区役所主催で、企画から当日の競技の進行、昼食の用意、会場管理まで、地域の方々や障害児・者団体、学校、青少年指導員が力を合わせて運営され、障がい者関連の大会としては横浜市内でも最大級のものと言われている。さらに、日本赤十字社泉地区委員会、(公財)神奈川新聞厚生文化事業団の後援、(株)伊藤園、山崎パン(株)、エバラ食品工業(株)の協賛、横浜子どもスポーツ基金、横浜ビー・コルセアーズの協力で開かれたもの。
 参加した障がい者施設・団体と
1 泉地域活動ホームかがやき
2 いずみ会館
3 いずみ福祉作業所ゆう
4 トムトムの家
5 NPO法人なかだ(第1・第2)
6 つぼみの家、第2つぼみの家
7 つぼみの広場
8 地域作業所るんるん
9 NPO法人ぶどうの樹(第1・第2)
10 元気かい泉
11 ジョイカンパニー(J1・J2・J3)
12 わいわいクラブ
13 スコップ
14 よこはまリバーサイド泉
15 よこはまリバーサイド泉Ⅱ
16 ぴぐれっと(第1、第2、第3)
17 共働舎・はたらき本舗
18 泉睦会
19 いちょう団地身障者クラブ
20 横浜市松風学園
21 ともにあゆむ
22 あいあい緑園
23 地域作業所てんてん
24 泉区グループホーム連合チーム