トップ  | ボラネット |Safety Kids いずみ  risk-watch Safety Kids いずみ活動年次別

東戸塚地区センター
こどもの安心安全のための事故予防講座
”Safety Kids いずみ” 講師 長谷川祐子さんと太田代表

  子どもの事故の原因は・・・
  子どもの事故の原因は・・・
 東戸塚地区センター主催の「子どもの安全安心のための事故予防講座」が、Safety Kids いずみの太田由紀枝代表と同団体講師でリスクウォッチ代表の長谷川祐子さんの講師の下、1月26日(火)に同センターで開催された。

 太田さんは、子どもの事故がいかに多いかをデータで示し、原因の大きな割合を占める窒息について、どういう場面で起こるのかを、かみしばい「どっちがよいこ?を使って幼児とママたちも楽しく学んでいた。
 水遊びには、こんなライフジャケットを  
 水遊びには、こんなライフジャケットを  

 
長谷川祐子さんは長年の経験を活かし、アメリカで実践されている先進的な要素を取り入れ、「災害時に自分で自分を守る活動ができる子ども」を目指すとともに、今回は幼児が多いこともあり、ママたちに対する情報提供が中心となった。

 発災時に対応した備え、ママが幼児を守る方法、発災時には自助での救助の仕方、火事で煙が出てきたときの脱出時や安全に救助を求める方法など。また自分や幼児の服に火が付いた時の身を守る方法では、床に幼児にごろごろさせ、窒息消火の方法を学んでいた。
災害時に自分で自分を守る活動ができる子ども」に   煙の下を、ハイハイして脱出を 
「災害時に自分で自分を守る活動ができる子ども」に  煙の下を、ハイハイして脱出を