トップ  | ボラネット |Safety Kids いずみ  risk-watch Safety Kids いずみ活動年次別

”Safey Kids いずみ
子どもの事故予防講座
危険個所の気付き、事例紹介

 小さな子どもは好奇心旺盛で、思わぬ事故に遭ってしまうことがしばしば。身近にある危険について考えてみようと、Safety Kidsいずみ(代表:太田由紀枝)は、親と子の居場所「タンタン」で子どもの事故予防講座を開いた。

 今日は。乳児から1歳半までの10名の乳幼児とそれぞれのママたちが集まった。

 家の中で子どもが動き回っている絵をママたちに渡し、危険と思う個所とその理由を述べてもらうやり取り。また、『子どもの事故 セルフチェックシート』を渡し、それぞれの内容を事例を含め説明していた。