トップ |ボランティア関係 |イベント・講座 |高齢者支援 |障がい者支援子育て仲間 |地域の活動 |災ボラ連絡会 ボラネット 

ボランNEW講座 4日目(最終日)
みなさん 新しいスタートです!
卒業から入学へ   良い経験を・・

 1月20日(火)から途中の体験実習を交え、 寒暖を繰り返しながらも、春に引っ張られるような今日3月13日(金)が4回目の最終日。
 5人の皆さん、それぞれ体験されたコースでのざっくばらんな語り合いになった。先輩ボランティアとして、中嶋さん(保育ボランティアグループ「マミー」)と今村さん(体験実習に取材参加)も同席。

  皆さんの発言です。
*OR(女性)さん・・始めたばかりなので、今は楽しいことばかりだが、続けていく中で、困ったなあ・・ということもあるかもしれない。そんな時に相談できるボランティアセンターがあると助かる。個人で活動しているので・・・。
*OH(男性)さん・・特養の体験を通して疑問に感じることも多かったが、皆さんの意見を参考に、目線を変えてボランティアしてみたい。高齢者と単なるお茶のみの相手ではなく、物づくりなど一歩踏み込んでみたい。
*MI(男性)さん・・思い切っての受講、大変有意義だった。送迎ドライバーを続けたい。体験で利用者からお礼を言われ、恐縮したがうれしかった。
*KM(女性)さん・・親の介護でお世話になり、恩返しをしたいと思って参加した。体験のボランティアグループも雰囲気が良く、参加したい。無理せず続けたい。
*その他、以前に食事のお世話をした経験から、新たにスタートしたいという意見も。

 中嶋さんからは、地域の子育てサロン・高齢者サロンでの苦労話、ボランティアの高齢化や手不足の現状が語られた。今村さんからは、ある特養ホームでの「ボランティアへの感謝の集い」の様子が話され、ともに支え合い、学びあう様子に感動したとの報 告も。

 この講座も年々関心が高まり、今回のような新たな出会いが続くといいですね!

 追記 ・・3月14日(土)に、 ここ泉ふれあいホームで「ボランティアフォーラム」(ボランティア仲間の集い)が行われた。通りすがりの方々から「何の催しですか?」の問い合わせが多く、「どうぞ!」との声に踏み入れる方も沢山。「助け合いだね、もうすぐ退職だから、一度来てみようかな?」という男性も。(M/I)