泉区社協パソネット泉 |高齢者支援 |泉区ボランティアネットワーク |だんだんの樹 |

大人の居酒屋
笑い笑いの語らいが続いていた
NPO法人だんだんの樹の「「コミュニティだんだん」

 笑い笑いの語らいが続いていた
 NPO法人だんだんの樹が今年2月にオープンした「コミュニティだんだん」で、「大人の居酒屋」が3月25日(金)開店するということで、寄ってみた。

 「コミュニティだんだん」では、既に健康体操、脳活性ゲーム、認知症予防教室、身体メンテナンスヨガ、夢カフェなど、いろいろな事業が行われているが、「大人の居場所」も、その一つ。

 「ちょっとだけお酒を飲みながら、自分らしく、個性豊かに語らい合いませんか?」と呼び掛け、気楽に参加できる交流の場として開いている。毎月第4金曜日午後6時から2時間、¥1,000。

 入ってみると、既に7名ほどの人たちが来ていた。でも「だんだん」のスタッフ、ボランティアの人たちもいるので、実質の来店者はまだ少ない。今日は2回目ということで、まだ地域にそれほど知られていないこともあるのだろう。
 テーブルには、ビールを始め料理が並べられている。料理は、スタッフとボランティアの人たちの手作りだそうだ。

 早速、乾杯で仲間入り。顔見知りの人、初めて会う人も。話題は、自分のこと、地域のこと、老後のことなどいろいろ。話が弾むにつれ笑いが続く。男性が2名来店、男女同数となった10名で、初めて自己紹介。経歴はいろいろ。
 男性はこういう場に限らず出不精だが、どうしたら出てもらえるかと、女性から質問。男性からはそれぞれの体験談などから、いいアイデアをもらった、との声も。 皆、気兼ねなく、笑い笑いの語らいが続いていた。