災ボラ連絡会 パソネット泉 |地域の活動 ||ボラネット | 

日本赤十字泉区地区委員会


座学に加え、救急法、応急手当などの実技を
赤十字救急法救急員資格継続研修
 
  <前半は、救急法、応急手当などの講座
  前半は、救急法、応急手当などの講座
 泉区(赤十字)防災ボランティア QQの会は6月25(土)、泉ふれあいホームで日本赤十字泉区地区委員会の指導のもと、赤十字救急法救急員資格継続研修会を開いた。

 日赤の
永井・小田島指導員の下、研修テキストによる座学と胸骨圧迫と人工呼吸、AED用いた除細動、包帯法、搬送法、間接止血、体位の変換等の実技の研修が行われた。

 実技の最初は大半の方がぎこちない動きであったが
さすが経験者たちは進むにつれて思い出されたようであった。今年7月1日改正される2015ガイドラインについても説明された。
 更新参加者は21名、資格は5年延長される。


 最後に泉区赤十字防災ボランティアQQの会の土屋代表幹事から、各自の手技と知識レベルの向上のため勉強会参加の要請が行われ、資格継続研修の幕を閉じた。
心肺蘇生法   応急手当
 胸骨圧迫・人工呼吸・AEDを用いて心肺蘇生法  包帯を使用して応急手当